行ったことがある国をチェック By WORLD66

世界地図

ロンドンの公衆トイレ事情

2007年12月04日

 ロンドンを観光したことがある人はわかると思いますが、ロンドンは公衆トイレが少ない。
 なおかつ有料のトイレが多いです。
 地下鉄のトイレの前などに人が立っていてお金を出さないと入れてくれません。
 なんだか漫画に出てくるヤンキーのいじめみたいなことをマジでやっています。
 そんな、ロンドンの公衆トイレ事情が改善したらしいです。


 ロンドンの皆さん、もうトイレを探し回る必要はありません!?

 交通量の多いオックスフォード通り、ビッグベン、そして国会議事堂などを管轄区に含むウェストミンスター市議会が、携帯電話ユーザーを対象とした新サービスを発表した。それは携帯電話のメールで最寄りの公衆トイレをユーザーにお知らせするサービスだ。

 年間総量約10000ガロン(=約37,800リットル)にも及ぶ“路上での放尿”への対策として、ウェストミンスター市議会が考案した「SatLav」と呼ばれる新サービスで、同市議会が木曜日にスタートさせたもの。ロンドンのウェストエンドに住む人々はもちろん、観光客や買い物客など、携帯電話ユーザーなら誰でも利用できる。方法はシンプルで、携帯電話からメールで「toilet」と書いて送信すると、最寄りの公衆トイレの場所が記載されたメールが返信されてくるというもの。

 システムにはウェストミンスターにある40ヶ所の公衆トイレの場所が登録されている。「toilet」メールを受け取ると、システムはその携帯電話が発する信号の強さで発信場所を測定、最も近い登録済みのトイレを案内する。また、このサービスの利用には一回約50セントが必要だという。

 2007年12月01日 エキサイトニュース 世界びっくりニュース


 何かが違う気がする。
 どうしてもトイレでお金を儲けたいらしい。
 「年間総量約10000ガロン(=約37,800リットル)にも及ぶ“路上での放尿”」(←どこの統計なんだ?)対策なら、トイレ環境を整えたほうが良い気がするのだが・・・・
 トイレ利権?メールでお金払って、さらに案内先の公衆トイレでお金払うのか?
 トイレの門番は雇用対策か何かなのだろうか?

 ちなみにガイドブックでは、イギリスの飲食店はトイレだけ貸してくれないと書かれていたりするが自分は無料で借りることができました。

 日本人にとってトイレのためにお金払うのは抵抗があります。
 直接儲けにつながらないのに、無料でトイレを貸してくれる日本の駅や飲食店・コンビニのトイレはありがたいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


カテゴリ : その他記事のURL コメント (0) トラックバック (1)

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://worldtravel.blog51.fc2.com/tb.php/90-cff48e6a

トラックバック

便利だけど減らないでしょう

路上放尿を減らせ、英国初の携帯公衆トイレ検索サービス(CNN.co.jp) 英国は紳士の国だと思ったら大間違いのようですね。「路上放尿」つまり「立小便」がシティ・オブ・ウェストミンスターという、ロンドン中心部のオクスフォード・ストリートからウェスト・エン
プロフィール

Author:みかん
 現在は普通のサラリーマン。今の安定した生活も悪くないですが、経済的自由を手に入れて世界中を旅したい。






ブログ検索
ブログ開始何日からの日数
最新の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード

Appendix


行ったことがある国

リンク
記事ランキング

お勧め旅行系サイト
スカイゲート
 お勧め格安航空券サイト。たまに数千円など物凄い安い航空券があるので暇な時チェックしている。
エクスペディア
 お勧めホテル予約サイト。他のホテル予約サイトと比べて安い。またホテル内写真・動画があるのでホテルの雰囲気がわかりやすい。
スポンサード広告

永年無料 クレジットカードの杜~年会費無料のクレジットカードを紹介・申込み
ブログパーツ