行ったことがある国をチェック By WORLD66

世界地図

--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


2010年11月21日

台北(台湾)の夜市比較

 台北(台湾)の魅力の一つは毎晩市内各地でやっている夜市
 毎晩、お祭りをやっているようなもので混みあっています。
 その夜市の特徴を書いてみます。


台北(台湾)の夜市


○臨江街観光夜市 ☆☆☆
(営業時間:PM6時~AM1時頃)
一番最初に行った夜市
それなりに良かったとは記憶しているのですが、具体的なことは何も覚えていない。
台北101からわりと近いところにあるので、セットで行くと良いと思います。


○華西街観光夜市 ☆☆☆☆☆
ヘビ屋・スッポン屋などのゲテモノ類があるということで行ってみました。
店先に凄い大きい黄色い蛇を展示している店とかありました。
駅側の入り口から入ってすぐの右側にある緑色の今風の店で売っているタピオカミルクティーが絶品!!
また隣接している広州街で売っている大腸という食べ物もおいしい。
地球の歩き方には、治安が悪いと書かれていましたが、特に危険は感じませんでした。
派手さはないけど現地密着型の夜市という感じで、なぜか自分は一番ここが好きです。
近くの龍山寺も結構おすすめです。 


○士林観光夜市 ☆☆
(営業時間:PM5時~AM1時頃)
台北で一番大きくて、有名な夜市
一部しか見ていないが、なんだか商業化されすぎて自分はあまり好きになれなかった。
ただ駅に近い部分は天井が付いているので、雨が降っているときは良いと思います。
市内から結構離れているのも×


○饒河街観光夜市 ☆☆☆☆☆
(営業時間:PM6時~AM1時頃)
士林観光夜市に大きくて、有名な夜市
個人的に、士林観光夜市が好きになれなかったのでここはあまり期待しないで行きました。
ここも商業化されている部分は少々ありましたが、ここはなぜだか気に入りました。
規模・清潔度と何があるかわからない夜市の魅力のバランスがとれている夜市だと思います。
一番無難で人にお奨めできる夜市かもしれません。
MRT駅が近くにないので、バスを使う必要があるのが難


饒河街観光夜市

一応評価の☆をつけてみましたが、毎夜、夜市をハシゴしてみるのも、それぞれの夜市で発見があって面白いです。
特に治安で不安は感じませんでしたが、子連れなどで心配な方は昼間に淡水九份に行くのがいいと思います。
淡水も九份も食べ物やなどの屋台が昼間から出ているので、台北(台湾)の屋台をより安全に楽しめるかと思います。

夜市は旅行中5日行きましたが、もっと行って色々試してみたかったですね。
東京にも一つ分けてほしいです。


---関連記事---
台湾のおすすめ食べ物・飲み物

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


カテゴリ : 台湾記事のURL コメント (1) トラックバック (0)

コメント

台湾の夜市

 ブログみました。自分も台湾旅行 台北では夜市のハシゴしました。士林観光夜市に華西観光夜市 そして臨江観光夜市などそれぞれ異なる雰囲気がよかったです。そして何よりも庶民的な雰囲気が台湾旅行のすばらしい思い出になりました。

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://worldtravel.blog51.fc2.com/tb.php/150-a8453de2
プロフィール

Author:みかん
 現在は普通のサラリーマン。今の安定した生活も悪くないですが、経済的自由を手に入れて世界中を旅したい。






ブログ検索
ブログ開始何日からの日数
最新の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード

Appendix


行ったことがある国

オーストラリア
タイ
カンボジア
イギリス
フランス
スペイン
アメリカ
台湾
・香港・マカオ
・マレーシア
・ミャンマー
・インド
・中国
・ロシア
・ベトナム
・インドネシア
・ヨルダン
・イスラエル
・カタール
・イタリア

行きたい国・都市・観光地

リンク
記事ランキング

お勧め旅行系サイト
スカイゲート
 お勧め格安航空券サイト。たまに数千円など物凄い安い航空券があるので暇な時チェックしている。
エクスペディア
 お勧めホテル予約サイト。他のホテル予約サイトと比べて安い。またホテル内写真・動画があるのでホテルの雰囲気がわかりやすい。
スポンサード広告

永年無料 クレジットカードの杜~年会費無料のクレジットカードを紹介・申込み
ブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。