行ったことがある国をチェック By WORLD66

世界地図

日本のお父さんと世界のお父さんお小遣い比較

2010年07月03日

  雑誌に男性のお小遣いに関する国際比較という面白いデータがあったので分かりやすいようにグラフにしてみました。



1. 男性のお小遣い額(上位6割値)と年収に占める割合

 1. 男性のお小遣い額(上位6割値)と年収に占める割合
 物価水準の違いなどもあり、絶対額は中国やイタリアより日本のほうがお小遣い額は多いですが、年収に占めるお小遣いの比率は日本が一番低いです。


2. 小遣い制の割合

 <br />2. 小遣い制の割合
 奥さんに収入を全て渡して、その中から自分の利用分をもらうのが「小遣い制」です。

 日本は他国より比較的この「小遣い制」が多いようです。なお、このデータでは日本の「小遣い制」の導入割合は46%ですが、本データを作成した山田昌弘氏が別に行った全国調査では、約7割の夫婦が「小遣い制」だったとのことです。
 個人的にも「小遣い制」の割合が50%を割ることはない気がします。

 日本以外の国では、生活費を奥さんに渡して残りを自分が使うパターンや、収入をお互いが別々に管理するパターンが多いようです。
 周りを見る限りでは、日本でもこうしたパターンは徐々に多くなっている気がします。


3. 夫婦でフルタイム共働きの割合

 3.夫婦でフルタイム共働きの割合
 パートとかで働いている奥さんはたくさんいますけど、フルタイムで働いている奥さんは確かにそんなにいないと思います。



 日本のお父さん(サラリーマン)が疲れているようにみえるのは、長時間労働だけでなく、お小遣いが少ないのも原因なのだろうか?

 外国人男性に比べて日本人男性は女性に優しくないなんてよく言われますが、これらのデータを見ていると、実は日本人男性が女性に一番尽くしているのでは?と思わずにいられません。



【参照】
週間東洋経済2010年7月3日号 P166
おカネを使わない日本の男性 小遣い制が消費停滞の一因か
著 山田昌弘氏

(データの出所)
クロス・マーケティング社と山田昌弘氏が2010年5月に共同で実施した
「男性の消費実態調査」
各国都市部の30~69歳の男性400人強への調査。
日本(首都圏)、中国(北京、上海、香港)、米国(ニューヨーク)、英国(ロンドン)、イタリア(ローマ、ミラノ)


【PR】~2980円/月(入会金ナシ)の低料金で出会えるネット婚活サイト【パートナーズ】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


カテゴリ : その他記事のURL コメント (1) トラックバック (0)
プロフィール

みかん

Author:みかん
 現在は普通のサラリーマン。今の安定した生活も悪くないですが、経済的自由を手に入れて世界中を旅したい。






ブログ検索
ブログ開始何日からの日数
最新の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード

Appendix


行ったことがある国

リンク
記事ランキング

お勧め旅行系サイト
スカイゲート
 お勧め格安航空券サイト。たまに数千円など物凄い安い航空券があるので暇な時チェックしている。
エクスペディア
 お勧めホテル予約サイト。他のホテル予約サイトと比べて安い。またホテル内写真・動画があるのでホテルの雰囲気がわかりやすい。
スポンサード広告

永年無料 クレジットカードの杜~年会費無料のクレジットカードを紹介・申込み
ブログパーツ