行ったことがある国をチェック By WORLD66

世界地図

海外にただで行けるアルバイト

2007年08月30日

 8月28日の週刊オリラジ経済白書-楽して稼げる高額アルバイトで、海外にただで行けるアルバイトとしてハンドキャリーの仕事が出ていました。

 ハンドキャリーとは、日本で預かった急ぎの重要書類や壊れやすい精密機械などを持って海外に行き、相手先に渡す仕事です。
 採用条件としては簡単な英会話が出来る必要があるみたいです。
 仕事が終われば帰国便の時間まで自由時間になるとのことですがテレビで見てる限りでは時間はあまりないようです。

 給料は日給で15,000円とのことです。
 航空代の他に、必要な時は宿泊費も出るとのことです。

 仕事自体はあまりないようでアルバイト雑誌やサイトなど見ても出てきません。
 やりたい人は、googleなどで「 ハンドキャリー 」で検索してハンドキャリーの業務をしている会社に直接問い合わせてみるのがいいでしょう。
 自分が見たとこ「ハンドキャリー 求人」「ハンドキャリー 募集」「ハンドキャリー アルバイト」などの複合語で検索するとかえってあやしいサイトやブログしか出てこないようです。

 実際やると厳しそうですが、お金ないけどいろんな国に行ってみたい人にはいいかもしれません。

Google


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


カテゴリ : その他記事のURL コメント (3) トラックバック (0)

日本の居酒屋とイギリスPUB

2007年08月26日

 最近ネットの掲示板で居酒屋に子供を連れてくる客は迷惑だという書き込みを見ました。
 自分はそういう人を見たことないので賛否については正直なんともいえないが、確かに日本の現状の居酒屋はあまり子供にとっても好ましい環境とはいえないかもしれません。

 ただ思い出したのはイギリスの田舎のPUBの風景です。
 イギリスで自分が泊まったホテルのPUBには、地元の家族が子供も含めて集まってお酒や飲み物と食事を囲ってにぎやかに楽しんでいました。
 なんか日本だと会社終わった後は、飲みも含めての仕事を優先するか家庭を優先するかみたいな雰囲気がありますが本当はこういうかたちでの両立が理想なのかなと思いました。
 日本には子供も違和感なく入れて宴会できるような店があまりないような気がします。
 日本は比較的職場が遠い傾向があるので、実現には店だけでなくいろいろと障害はありそうです。
 日本でも田舎だとそういう雰囲気あるのかな?

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


カテゴリ : その他記事のURL コメント (0) トラックバック (1)

パリ郊外の観光地

2007年08月25日

 パリ郊外の二大定番観光地のベルサイユ宮殿とモン・サン・ミッシェルの紹介です。
 2つともNICOSカードで10%割引きになったので、シティラマというオプショナルバスツアーを利用しました。


 ベルサイユ宮殿
ベルサイユ宮殿
 フランス革命やマリー・アントワネットで有名なベルサイユ宮殿です。
 宮殿の中もみどころはありますが、庭がもっとすごいです。

ベルサイユ宮殿庭

 私は知らなかったので宮殿の周りしかみていませんが、結構奥行きもあるようです。
 パリから半日あれば観光できるのでおすすめです。
 入り口近くではアフリカからきたと思われる黒人の人たちが両手にブランド品っぽい(?)バックを持って売り込みしている。こんな怪しいの買う人いるんだろうか?


モン・サン・ミッシェル
モン・サン・ミッシェル
 それなりだけど、知名度のわりには・・・??という感じです。かなりパリから離れており観光は1日がかりなので無理にいくほどではないという気がします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


パリ(フランス)

2007年08月09日

 ロンドンからeasyjiet(イージージェット)でパリに行く。(2006年10月)

 昼間に着く予定だったのだが、トラブルでシャルル・ド・ゴール空港に夜着く。街への移動方法がわからずかといってホテルはみんな高く、どうしよもなかったので一夜をホテルの一階のトイレの個室で過ごした。
 個室に入っていると外人の酔っ払いが歌っている声が聞こえたりして怖いです。宿代ただになったけどおすすめしません。このまま空港から出られなかったらどうしようと思いましたが翌朝なんとか空港を脱出して街に行くことができ宿も確保する。

 最初は散々でしたが、パリは観光に行く街としてはかなりお勧めできる街です。
 凱旋門、ルーブル美術館、エッフェル塔、シャンゼリゼ大通りなど定番すぎて軽視しちゃいそうですが実際見ると結構見応えあります。
 パリは観光スポットが多くなおかつパリの街の風景もお洒落で散歩していて楽しいです。
 私の泊まった宿で話をしていて、宿からルーブル美術館まで30分ぐらいと話していた人がいたのですが、実際には2時間かかります。私もそのぐらいの感覚に感じるのです。街を散歩していると時間が立つのが凄く早く感じます。


・バスティーユ広場
 正直普通のロータリー。宿から街の中心部に行く途中にあったので通ったが、街の中心部から離れているしわざわざ見に行くほどのものではない。


・ノートルダム大聖堂
 普通の教会です。欧米の教会とか見慣れていない人は行く価値あると思います。


ルーブル美術館
・ルーブル美術館
 いわずとしれた世界3大美術館のひとつ
 自分にはモナ・リザの良さがわからなかったがそれでも見応えある美術品が多数展示してある。
 個人的には「サモトラケのニケ」という彫刻と「民衆を導く自由の女神」という絵が気に入りました。


コンコルド広場
・コンコルド広場
 シャンゼリゼ大通りの凱旋門とは反対側にある広場。開放感がある場所でここから凱旋門・エッフェル塔などが見渡せる。


・シャンゼリゼ大通り
 コンコルド広場と凱旋門を結ぶ全長1880mの大通り。コンコルド広場側は並木道になっており凱旋門に近づくと活気を帯びた商店街になる。
 歩いていてとても楽しい道ですが、コンコルド広場からみると凱旋門が近く見えますが実はかなり遠いので注意


凱旋門
・凱旋門
 写真やテレビで見るとたいしたことなさそうだが、実際に見ると見応えがある。しかもこれ上に登ることができる。
 上に登ると凱旋門を中心に道が放射状に広がっており、パリを一望することができておすすめ


・エッフェル塔
 まあ正直東京タワーと同じ。でも夜景はやっぱりきれいでお洒落です。

 まだ見るとこもありそうなので、また行ってみたい街の一つです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


南の島のオーナーになろう

2007年08月01日

 GigazineにフィジーのBlue Lagoon島という島が売りに出されているという記事が出ていました。

 南太平洋の美しい島の所有権を約4000万円で購入できるらしい

 4,000万円(25万ユーロ)って普通の日本の一軒家と変わらない値段ですね。
 写真で見る限りではコバルトブルーの絵に描いたようなきれいな南の島です。

島の大きさは225エーカー(約90万平方メートル)で、形は細長く、周りをサンゴ礁に囲まれています。そのおかげで潮の流れはゆるやかで、水温は年中27度ぐらいということもあり、マリンスポーツに理想的な環境になっているそうです。水は非常に澄んでいて200フィート(約60m)先まで見えるぐらい。



 90万平方メートルってピンと来ないけどなんか大きいよね。
 しかも透明度が凄い60mって普通に凄くないですか?
 本当にマリンスポーツに最適な環境です。
 今リゾート開発中で別荘などが建っているようです。
 貸すこと前提に建てているみたいだけど自分が住んでも大丈夫ですよね

 でも自分は4,000万円ももってないです。
 維持費も相当かかりそうだし
 よくわかりませんがシーランド公国を148億円で買うよりよりお買い得な気がします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


カテゴリ : その他記事のURL コメント (0) トラックバック (0)
プロフィール

みかん

Author:みかん
 現在は普通のサラリーマン。今の安定した生活も悪くないですが、経済的自由を手に入れて世界中を旅したい。






ブログ検索
ブログ開始何日からの日数
最新の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード

Appendix


行ったことがある国

リンク
記事ランキング

お勧め旅行系サイト
スカイゲート
 お勧め格安航空券サイト。たまに数千円など物凄い安い航空券があるので暇な時チェックしている。
エクスペディア
 お勧めホテル予約サイト。他のホテル予約サイトと比べて安い。またホテル内写真・動画があるのでホテルの雰囲気がわかりやすい。
スポンサード広告

永年無料 クレジットカードの杜~年会費無料のクレジットカードを紹介・申込み
ブログパーツ