行ったことがある国をチェック By WORLD66

世界地図

バンコク(タイ)の第一印象2

2007年03月16日

 ドムアン空港から四苦八苦してなんとか有名なカオサンロードの近くに降りる。(2004年8月)
 地球の歩き方をみながらカオサンロードを目指す。なんだか知らないが意味もなく道に突っ立っているタイ人が多い彼らは何をしているのだろう。

 カオサンロードは雑然としていて、一言でいうと汚い。しかもなんだかマクドナルドの窓にも泥がついていたりして汚い。(後から知ったことだが前日まで水かけ祭りが行われていた。)
 いる白人などの外国人もどこかあやしいというかだらしない格好をした人間が多いしその様子から漠然とカオス(混沌)という言葉が頭をよぎる。
 なんだかやばいところにきたと後悔した。

カオサン通り

 客引きなどの相手をしながらもなんとか宿を決める。
 宿についたら疲れたいたので1~2時間寝てから、日本語書籍のある伊勢丹に向かう。なぜついてそうそう日本語本を求めるのかというと情報収集の意味もあるが単純にバンコクの圧倒的な存在に疲れ現実逃避したかったのだろう。
 とりあえず地球の歩き方を見ながら伊勢丹を目指して歩く。途中でバンコクの町並みを眺めると、一見きれいなビルの間に古い建物が並んでおり、道には野良犬がたくさんいる。かと思えば子供が楽しそうに線路の敷地内で遊んでいたりしてとなんとも刺激的な風景だ。
 自分の中では戦後の日本というイメージがよぎった。(ドカベンやあしたのジョーのイメージ)

 結局伊勢丹にはつかなかった。カオサンロードからは少々遠すぎたようだ。
 オーストラリアとタイだと、オーストラリアのほうが先進国で大きいイメージがあるが、人口比でみるとオーストラリアは約2000万人、タイは8000万人とタイのほうが国土は狭いが4倍以上の人が住んでいるのだ。
 シドニーとバンコクの人口を比べてみても、シドニーは約300万人、バンコクは約1000万人と実はバンコクのほうが遥かに多くの人が住んでいる大都市である。
 オーストラリアの小さい都市に慣れ歩いていったが無謀でした。
 タイはバンコクなどの大都市でもバスやテゥクテゥクなどの乗り物が安いので利用するべきです。

 バンコクの一日目は何もしていないのに疲れて日本に帰りたくなった。
 

バンコク(タイ)一日目に使った費用(1B(バーツ)=約3円)
・空港からのローカルバス    20B
・カオサンロードの宿代     350B
(ダブル・安宿では高い)
・屋台の焼きそば          10B
・ミネラルウォーター(1.5L)   12B
・PEPSIコーラ(1.5L?)     26B
・インターネット代(3時間)    90B
---------------------------------------------
合計              508B

 バンコク(タイ)をはじめとする東南アジアは物価が安いので旅行費用が安くすんでたすかります。
 この後も、安い宿を見つけたりしてあまり活動しない日は500B以内(約1500円)・観光に力を入れた日には約1200B(約3600円)ですんでいました。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


カテゴリ : タイ記事のURL コメント (1) トラックバック (0)

バンコク(タイ)の第一印象1

2007年03月13日

 オーストラリアから日本への帰国便でタイにストップオーバーで寄る。(2004年4月)
 自分の人生で2カ国目の国となる。

 オーストラリアのワーホリからの帰国でタイやバリなどのストップオーバーを利用する人は結構いる。
 料金があまり変わらず東南アジアを旅行できるのでお得です。
 オーストラリアのワーホリで日本から直行便の往復チケットを買ってしまうとこうした技が使えない上に、オーストラリアで帰るときに元の空港に戻らないといかないので結構不自由です。
 多少割高でも片道だけ買うことおすすめします。

 さてそうしてバンコクのドムアン空港について有名なカオサンロードに行こうとバス停を探す。エアポートバスはすぐ見つかったのだが、どうしても庶民の足普通の乗り合いバスに乗りたくてバス停を探す。

 しかし見つからない・・・
 地球の歩き方のマップで大体の場所はわかるのだがなぜかみつからない・・・
 1階と2階を重いバックパックを背負ってグルグル回っても見つからない。
 1時間近くたっても見つからない・・・

 いい加減嫌見つからず嫌になってきていましたが、再び2階から1階へ行こうとエレベーターに乗ろうとしたところに従業員用っぽい小さな下にくだる階段がある。エレベーターのところまで戻るのがめんどくさいので階段で降りると1階と2階の間の踊り場のところから空港の外に通路ができている。
 それが普通のバスのバス停に行く通路でした。
 なぜこんなわかりずらいところにあるのだ。自分の頭には、ファミコンでドラクエとかのロールプレイングゲームの隠し通路を探している姿がよぎる。
 観光客に安い乗り合いバスを使わせないためにわざとやっているとしか思えない。
 実際、ドムアン空港から街中に行くバスには外国人っぽい人はおらず地元のタイ人だけのようだった。
 早くもバンコクの洗礼を受けたという感じだ。

 バスの中では女性の車掌が缶みたいなものをもって集金に来る。
 料金は日本円にするとほんの数十円だ。ちなみに空港ですぐに見つけられたエアポートバスは100バーツ(300円ぐらい)
 比率で見ると大きく違うが日本円で絶対額を見るとほんの数百円
 素直にエアポートバスに乗ったほうが賢いだろう。
 実際私は帰りにカオサンからドムアン空港までエアポートバスで帰った。

 こうして苦労してバスに乗ったはいいが、車掌によるとこのバスはカオサンロードまで行かないという。
 次のバス停で降りて違うバスに乗れという。
 バスの番号は間違いないはずなのだが結局バスを乗り換え、料金は2倍取られる。
 ますます空港での苦労が報われない。

 しかもバンコクはかなりアバウトだ。どういうことかというとバス停で客が乗るか乗らないかというところで発車して、ほとんど走りながらバスに乗り降りしている感じだ。バスのドアは走っている間も開けっ放しだ。それどころかバンコクにはドアのないバスもたくさん走っている。
 これを見て恐ろしいところにきたと思った。日本では考えられない。
 事実自分はバスに乗るときバスの速度とバックパックの重さで外に振り落とされそうになった。
 バスの運転手が気づいて速度を落としてくれたからよかったが日本だったら訴訟ものだろう。

 こうしてなんとかカオサンロードについたのだったがそこでもいろいろ驚かされることになる。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


カテゴリ : タイ記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

航空券用語

2007年03月07日

 慣れていないと(自分も慣れていないけど)いまいちわかりずらい航空券の用語をまとめてみました。


●格安航空券
 パッケージ旅行用の団体割引運賃(IT運賃)を利用した航空券。旅行代理店で売っている安い航空券はたいがいコレ


●往復航空券・片道航空券
 帰りの便のチケットがついているのが往復航空券、行きしかないのが片道航空券。
 片道のほうが料金が半額になるかといえば、そうでもない。往復航空券とあまり変わらない事が多い。
 国によっては出国用の航空券をあらかじめもっていないと入国できない国があるので要注意。なぜか旅行代理店で出国用の航空券が必要な国の片道航空券を買っても注意してくれないようだ。


●FIX(フィックス)・OPEN(オープン)
 FIX(フィックス)は、一度発券すると出発日のやルートの変更は原則不可能。料金は、OPEN(オープン)に比べて安い
 OPEN(オープン)は、出発日やルートの変更が可能。60日や半年、1年の期限などに決められた有効期限内なら往路(帰りの便)も変更することができる。料金は高いが、長期旅行や留学などは予定を変えたくなる事が多々あるので向いている。


●ストップオーバー
 目的地に行くまたは往路(帰りの便)で途中降機できる航空券。少々料金は高くなるが1つの航空券で複数の国を旅行できるのでお得感は高い。
 日程的に時間がある時は、ストップオーバーを考慮して航空券を選ぶといいだろう。

  オーストラリア→ヨーロッパ(ストップオーバー)→日本

 という航空券の広告を見た事がある。ストップオーバー地域を国でなくヨーロッパと指定しているところといい異常な遠回りといい、今でもかなり謎です。


●オープンジョー
 往復で到着地と往路(帰りの便)の乗機地が違う航空券。複数の国を旅行する時などには日程を有効活用できるが料金は高め

 
●サイドトリップ
 単純往路プラス他都市往路を組み合わせる旅行方法。格安航空券では、「○○往復券+2フライト」といった名前で販売されている。


●マイレージ
 一言でいえば航空会社のポイント制度。貯めると航空券を無料でもらえたりする。
 複雑で初心者にはよくわからないが無料で貯められるので買う航空券が決まったらとりあえず貯めてみる事から始めるしかないようだ。
 どのマイレージが貯まるかで飛行機会社を選ぶ人もいるようです。


●世界一周航空券
 世界一周航空券はその名の通り世界のいろんな国を回ることができる夢のような航空券です。寄る国は自分で選ぶことができますが、世界一周航空券の種類によっていろいろ制約があるようです。
 航空券のセット販売と考えるといいでしょう。
 途中で日程など変えられるようです。30~万円で、数十カ国以上と1フライトあたりで計算するとかなりお得です。
 日本では、世界一周堂が販売店として有名なようです。その他、オーストラリアに行って買ったほうが安いなど裏技もあるようです。





このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


カテゴリ : その他記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

24時間365日 日本営業中

2007年03月04日

 オーストラリアのパースは日曜日は夕方には、店が閉まってしまう。どうやら条例で店舗を閉める事が決められているらしい。
 パースは“世界で一番暮らしやすい街”といわれているらしいが、この辺がのんびりさ加減が住んでいる人にはいいのだろうか?

 翻って我が日本は、最近小売店に定休日が無いところが増えている気がする。それどころか正月・元旦から営業しているところが昔より増えている。コンビニエンスストアの24時間営業はいうまでもなく日本が発祥だ。
 正月・元旦から店を営業する事をみんな望んでいるのだろうか?そんなに小売店全体にとって機会損失があるのだろうか?正月休んでも売上げのかなりの部分は前後の日に発生する売上げだと思うのだが。

 店舗で働く人たちは大変そうだ。各企業は営利企業なので経営判断としてライバル企業に負けないために営業日・営業活動を伸ばすのは仕方が無い。
 企業・従業員が疲弊するいきすぎた競争を抑えるために、政府・自治体が正月・元旦ぐらい条例・法律で休みに決めてもいいと思う。

 まあ、経団連とかいうエコノミックアニマル丸出しの大企業経営効率主義の団体が幅をきかせている日本では実現は夢のまた夢だろう。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


カテゴリ : その他記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

オーストラリア

2007年03月03日

 オーストラリアへ実際に2回行っての、オーストラリアの旅行先としての特徴を書いてみます。
 
 オーストラリアは先進国とはいえ日本や欧米の他の都市に比べると都市は特別発達しているとはいえないし、遺跡などの歴史的建造物もあまりない国だ。 
 そんなオーストラリアを旅する魅力は、グレードバリアリーフの珊瑚礁やカンガルー島などの自然、少し郊外に行けば見られる野生のカンガルーやコアラ。先進国といっても人口密度が少なくまた大陸から離れているために独自に進化した自然だと自分は思う。

 また、オーストラリアは一国で広すぎる。それがオーストラリアの特徴でもあるのだがを回るのは時間がかかる。
 オーストラリアのワーホリの間では、ラウンドといってオーストラリアを回るのが定番だが、正直同じ距離回るなら東南アジアやヨーロッパなど比較的小国を回るほうが刺激があると思う。
 おそらくバックパッカーなどには刺激が少なく物足りないと思うではないだろうか?
 しかし反面、英語圏・先進国・インフラが整っている・時差が少ない・比較的日本から近い・比較的治安が良い・日本人が結構いる
 など旅行しやすい環境が整っている。

 初めての海外旅行や小さい子供を連れての旅行などには、先進国の便利さと独自の自然を満喫できるオーストラリアはお奨めです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


プロフィール

みかん

Author:みかん
 現在は普通のサラリーマン。今の安定した生活も悪くないですが、経済的自由を手に入れて世界中を旅したい。






ブログ検索
ブログ開始何日からの日数
最新の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード

Appendix


行ったことがある国

リンク
記事ランキング

お勧め旅行系サイト
スカイゲート
 お勧め格安航空券サイト。たまに数千円など物凄い安い航空券があるので暇な時チェックしている。
エクスペディア
 お勧めホテル予約サイト。他のホテル予約サイトと比べて安い。またホテル内写真・動画があるのでホテルの雰囲気がわかりやすい。
スポンサード広告

永年無料 クレジットカードの杜~年会費無料のクレジットカードを紹介・申込み
ブログパーツ